Explore Html and more!

宇宙往還実験機HOPE(模型)   どうしても似たようなリフティングボディになりますが国産機が早く開発されると言いのですが。

宇宙往還実験機HOPE(模型) どうしても似たようなリフティングボディになりますが国産機が早く開発されると言いのですが。

D-SEND(低ソニックブーム設計概念実証)プロジェクト | D-SENDプロジェクト/静粛超音速機技術 | JAXA航空技術部門

D-SEND(低ソニックブーム設計概念実証)プロジェクト | D-SENDプロジェクト/静粛超音速機技術 | JAXA航空技術部門

日本飛行機株式会社|研究開発|NEXT STAGE  NIPPIは国内唯一のランチャー専門メーカーとして、内装ランチャーシステムの研究に取り組んでいます。  内装ランチャーシステムから発射される飛翔体の運動解析

日本飛行機株式会社|研究開発|NEXT STAGE NIPPIは国内唯一のランチャー専門メーカーとして、内装ランチャーシステムの研究に取り組んでいます。 内装ランチャーシステムから発射される飛翔体の運動解析

自動着陸予備実験機  宇宙往還機HOPEの自動着陸技術に生かす目的で、川崎重工業が自主的に開発したもの。

自動着陸予備実験機 宇宙往還機HOPEの自動着陸技術に生かす目的で、川崎重工業が自主的に開発したもの。

◆耐圧用超高張力鋼材と潜水能力    29SSはそうりゅうを上回る潜水能力を持つと思われます。日本の潜水艦が世界最高の能力を持つ理由は日本の耐圧用超高張力鋼材と溶接技術にある。

◆耐圧用超高張力鋼材と潜水能力 29SSはそうりゅうを上回る潜水能力を持つと思われます。日本の潜水艦が世界最高の能力を持つ理由は日本の耐圧用超高張力鋼材と溶接技術にある。

89式魚雷を上回るG-RX6新長魚雷に関しては平成24年度より防衛省技術研究本部において開発中である。    G-RX6新長魚雷は89式長魚雷の超強化版で、89式よりも魚雷自体のステルス強化、各種センサーの機能向上と自立攻撃能力の向上、またジャミング、欺瞞に対する無効化機能および敵艦の最適攻撃部署選択画像機能等、魚雷として爆発してしまうのがもったいないほどの機能満載です。    「目標の形状を識別し、おとりとの区別も行なえる音響画像センサー及び、同様におとり識別に有効かつ最適タイミングでの起爆が可能なアクティブ磁気近接起爆装置が搭載される予定で、おとり装置をはじめとする魚雷防御手段等への対応能力向上や、深海域のみならず音響環境が複雑となりやすい沿海・浅海域においても目標を探知・攻撃できることを目的としている。…

89式魚雷を上回るG-RX6新長魚雷に関しては平成24年度より防衛省技術研究本部において開発中である。 G-RX6新長魚雷は89式長魚雷の超強化版で、89式よりも魚雷自体のステルス強化、各種センサーの機能向上と自立攻撃能力の向上、またジャミング、欺瞞に対する無効化機能および敵艦の最適攻撃部署選択画像機能等、魚雷として爆発してしまうのがもったいないほどの機能満載です。 「目標の形状を識別し、おとりとの区別も行なえる音響画像センサー及び、同様におとり識別に有効かつ最適タイミングでの起爆が可能なアクティブ磁気近接起爆装置が搭載される予定で、おとり装置をはじめとする魚雷防御手段等への対応能力向上や、深海域のみならず音響環境が複雑となりやすい沿海・浅海域においても目標を探知・攻撃できることを目的としている。…

日本飛行機株式会社|研究開発|NEXT STAGE  将来の戦闘機はステルス技術の適用が考えられています。ステルス技術の一つに兵器内装化(胴体内に飛翔体等を収納する)技術があります。

日本飛行機株式会社|研究開発|NEXT STAGE 将来の戦闘機はステルス技術の適用が考えられています。ステルス技術の一つに兵器内装化(胴体内に飛翔体等を収納する)技術があります。

29SSが新型とされる理由にはもう一つ可能性として、現行の七枚ブレードのスクリューからリム駆動推進となる可能性もある。

29SSが新型とされる理由にはもう一つ可能性として、現行の七枚ブレードのスクリューからリム駆動推進となる可能性もある。

戦闘機のウェポン内装化を実現するため、ウェポンベイの開放により発生する複雑な衝撃波を伴う流れ場、その複雑な流れ場の中でのウェポンの分離状況の解明を図る風洞試験技術及び数値流体解析技術について、そう簡単ではないこと説明官の方から伺いました。

戦闘機のウェポン内装化を実現するため、ウェポンベイの開放により発生する複雑な衝撃波を伴う流れ場、その複雑な流れ場の中でのウェポンの分離状況の解明を図る風洞試験技術及び数値流体解析技術について、そう簡単ではないこと説明官の方から伺いました。

もし採用されれば、29SSは無音潜水艦になる。    現行の7枚ブレードのスクリューも世界最高水準ではあるが、プロペラ周りの渦キャビテーションがどうしても発生してしまう。  リム駆動推進となれば、ステルス性能が大幅に向上する。

もし採用されれば、29SSは無音潜水艦になる。 現行の7枚ブレードのスクリューも世界最高水準ではあるが、プロペラ周りの渦キャビテーションがどうしても発生してしまう。 リム駆動推進となれば、ステルス性能が大幅に向上する。

Pinterest
Search