Explore Traditional Colors, Japanese Traditional and more!

Explore related topics

鶯茶(うぐいすちゃ)とは、鶯の羽のような褐色がかった渋みのある黄緑色のことです。|日本の色(伝統色・和色)422色の由来。

鶯茶(うぐいすちゃ)とは、鶯の羽のような褐色がかった渋みのある黄緑色のことです。|日本の色(伝統色・和色)422色の由来。

藍墨茶(あいすみちゃ)とは、藍味を帯びた墨色のことで、「相済茶」とも書かれます。「藍墨」は当て字。#藍墨茶|日本の色(伝統色・和色)422色の由来。

藍墨茶(あいすみちゃ)とは、藍味を帯びた墨色のことで、「相済茶」とも書かれます。「藍墨」は当て字。#藍墨茶|日本の色(伝統色・和色)422色の由来。

鶸色(ひわいろ)とは、鶸の羽の色にちなんだ色名で、黄味の強い明るい萌黄色のことです。|日本の色(伝統色・和色)423色の由来。

鶸色(ひわいろ)とは、鶸の羽の色にちなんだ色名で、黄味の強い明るい萌黄色のことです。|日本の色(伝統色・和色)423色の由来。

常盤色(ときわいろ)とは、松や杉などの常緑樹の葉の色のように茶味を含んだ濃い緑色のことです。|日本の色(伝統色・和色)423色の由来。

常盤色(ときわいろ)とは、松や杉などの常緑樹の葉の色のように茶味を含んだ濃い緑色のことです。|日本の色(伝統色・和色)423色の由来。

海松茶(みるちゃ)とは、海松色を褐色がらせた暗い黄緑色のことです。海松色の変相色で、江戸時代に広く愛用されました。|日本の色(伝統色・和色)422色の由来。

海松茶(みるちゃ)とは、海松色を褐色がらせた暗い黄緑色のことです。海松色の変相色で、江戸時代に広く愛用されました。|日本の色(伝統色・和色)422色の由来。

紅鬱金(べにうこん)とは、温かみのある黄みがかった濃い橙色のことです。|日本の色(伝統色・和色)422色の由来。

紅鬱金(べにうこん)とは、温かみのある黄みがかった濃い橙色のことです。|日本の色(伝統色・和色)422色の由来。

紅消鼠(べにけしねずみ)とは、紅の上に黒を重ねたような暗い灰味がかった赤紫色のことです。|日本の色(伝統色・和色)422色の由来。

紅消鼠(べにけしねずみ)とは、紅の上に黒を重ねたような暗い灰味がかった赤紫色のことです。|日本の色(伝統色・和色)422色の由来。

胡桃染(くるみぞめ)とは、灰がかった黄褐色のことです。|日本の色(伝統色・和色)422色の由来。

胡桃染(くるみぞめ)とは、灰がかった黄褐色のことです。|日本の色(伝統色・和色)422色の由来。

灰汁色(あくいろ)とは、灰汁のような黄みがかった灰色のことです。|日本の色(伝統色・和色)422色の由来。

灰汁色(あくいろ)とは、灰汁のような黄みがかった灰色のことです。|日本の色(伝統色・和色)422色の由来。

墨色(すみいろ)とは、「墨の五彩」、濃、焦、重、淡、清の焦にあたる黒に近い灰黒色のことです。|日本の色(伝統色・和色)422色の由来。

墨色(すみいろ)とは、「墨の五彩」、濃、焦、重、淡、清の焦にあたる黒に近い灰黒色のことです。|日本の色(伝統色・和色)422色の由来。

Pinterest
Search